生理中は友達作りよりヨガを休むべき?ヨガをしてもいい?で一緒に楽しめるフィットネスクラブの友達をさがしましょう!


>> いますぐ友達をさがす(無料)

生理中は友達作りよりヨガを休むべき?ヨガをしてもいい?生理中は友達作りよりヨガを休むべき?ヨガをしてもいい?

生理中の女性の身体はとても複雑で、人それぞれ症状が異なります。生理痛がひどい場合はヨガレッスンどころではないと思いますので、友達作りより体調を優先させてください。イライラしやすくなるのも生理中の特徴ですので、この時は友達作りだからと無理にコミュニケーションを図るのを避けたほうがいい場合もあります。

ただ、生理期間中はすべてのアサナがダメという訳ではありません。生理中の症状は人それぞれで、中にはホットヨガなどで身体を暖めたり、ポーズをとって身体に少し刺激を送ることで、生理中のつらい症状が和らぐ人も実際にいます。

その時々で症状が違うこともありますが、生理中の自分の身体の変化を知っておくことは、ヨガスタジオに通う上でも友達作りにも役立つので、普段から観察しておくといいでしょう。

特につらい症状が出ない方でも、生理中でもは避けておくべきヨガのポーズがあるので紹介します。

1、 さかだちのポーズ
サルワーンガアサナ(肩立ちのポーズ)、シルシアサナ(三点倒立)など

2、 強く左右にねじるポーズ
アルダ・マツィエンドゥラアサナ(ねじりのポーズ)、パリブルッタ・トゥリコーナアサナ(回転した三角のポーズ)など

このように、内臓、特に子宮に強い刺激があるポーズや、血流が逆になるポーズは必ず避けるようにしてください。

参考文献
B.K.S.アイアンガー(2004)『ハタヨガの真髄[新装版]』(沖正弘ほか訳)

生理中は友達作りよりヨガを休むべき?ヨガをしてもいい?で一緒に楽しめるフィットネスクラブの友達をさがしましょう!

>> いますぐ友達をさがす(無料)

コメントを残す